もうすぐ30歳そろそろプロポーズをして欲しい

目の疲れには、肩こり、頭痛や吐き気、疲れ目やぼやけ、かすみと言った軽いものまで様々ありますが、しかし肩こりのほとんどは、首や肩の血行不良や、重い頭部を支えている筋肉が緊張して起こります。

頭痛に繋がりやすいのは、肩甲骨の周りが緊張するので、肩甲骨の周りのストレッチが重要です。

肩甲骨を動かして、凝り固まった首周りの筋肉の血流を良くしましょう。
生活の改善にもつながります。約3年前の朝に「新聞の文字が読めない」と思った日から始まったのです。
ついに老眼がきました。字を読んでも、食事をしても、とにかく目が疲れてしまう。

老眼になってからは、目をいたわり出来るだけ用のない時は、テレビやパソコンを見ないようにして、趣味の読書も時間を決めてしたりしています。就寝前には顔に温かいタオルを乗せて眼の周りの血流を良くしてから、休むようにしています。
就寝前は熱めのタオルを絞り目を覆い温めて寝ます。日々の生活スタイルになっているので、だいぶ疲労感はなくなりました。

眼精疲労を回復させるには、短い時間でも構いません眼を一旦休憩させることが必要です。パソコンやテレビから眼を離し、眼を閉じて3分ほどゆっくりとした時間を過ごします。優しく眼球を両手でマッサージするのも良いでしょう。これを一時間おきに実行するだけでもかなり眼精疲労を抑えることができます。

ひどい時は、濡れタオルや濡らしたハンカチをまぶたの上に乗せる事も効果的です。眼球を上下左右に動かすだけで変わってきます。

私が目の疲れを感じるのはPCやスマホ、長時間のパチンコをした時です。派手な光が多いパチンコではてきめんです。
またコンタクトですから、目が乾燥していると思います。コンタクトのせいで目が乾燥しているのも原因だと思います。そんな時は眼科の目薬を使い、ケアします。

後は洗顔をして少しの間、目を水につけます。その後洗顔し、目を水につけておきます。眼の疲れを和らげるようにしています。長時間PCでネットサーフィンをしていると、数年前まではどうもなかったのがここ最近は眼球の奥が重く感じる気がし、頭痛がするようになりました。眼科で診療しても異常はなく疲れてますねと目薬をいただきました。しかし目薬をさしても一時しのぎのようでPCでの作業を再開する事で、また同じ症状がでます。困り果てて、目に良い物を調べていく毎日の中、サプリメントの存在を知りました。

ブルーベリーとルテインが効果的というのでそのサプリメントを飲んでいます。
眼精疲労になってしまう原因はパソコンやスマートフォン等の画面から出るブルーライトです。
特にスマートフォンは年齢を問わず高い頻度で使用されているため、若い人でも眼精疲労になってしまうことが増えているそうです。簡単な対処法として画面に「ブルーライトカットフィルター」を貼ったり、「PCメガネ」です。

私自身以前は眼精疲労に悩んでいましたが、この2つの方法を実行してから症状が緩和したので、ぜひ1度お試しあれ!目を使い過ぎている時代の現代は、パソコンやスマートフォンなどからの画面から発する、ブルーライトと呼ばれる光は目の健康状態に悪影響を及ぼします。
しかし現在、スマホなどのアイテムは必需品となっています。

では、目を労わるために何をすれば良いでしょうか。まず悪い影響から目を守ることです。

それにはブルーライト軽減メガネを使用する方法があります。

それと疲労してしまった目に休息を与えることも重要です。

身近なものではホットタオルで目を暖めてあげることで血行を良くして、眼精疲労を取り除けます。
眼精疲労についてですが、イマドキのスマホやPCで目を酷使することは多くの人の悩みの種となっていると思いますが、症状を軽くすることは可能です。

明るい画面を凝視していると体の動きは少なくなり、緊張状態になることがあります。

その状態と眼精疲労から肩こりなどにつながります。緊張をほぐすためにストレッチを行ったり、時々PCやスマホから視線を外して別の場所を見ながらキョロキョロ見るなどするだけでも随分変わってきます。

目が見えなくなってしまうことはとても不自由ことですが、知人の中に白内障にかかった人がいますし、はさみか何かが落ちて来て目を切った私も眼帯をしばらく装着していたことがあります。今後も眼帯や目が見えない状態にならないために常に心掛けていなければなりません。例えば、危険なものは高い場所にはおかないことや、危険な置き方はしないようにする、気分転換をして目の保養をすることも良さそうですね。長時間スマホやタブレットを見続けたり本を読み続けたりすると眼精疲労になってしまいます。こんな時の対処法は、目の周りにあるツボ押しです。10回ほど押し、その後しばらくは目を閉じます。すると疲れていた目が、かなり回復してくれます。さらに、意識して瞬きの回数を増やします。
ドライアイ予防になりますし、視力や目を守るのに役立ってくれます。